yasu84の毎日の出来事

日常と趣味の盆栽、陶芸。それと家族について

盆栽 桧 陶芸 陶芸教室

f:id:yasu84:20160714193615j:plain
と言うことで、今回の写真は取り蒔きした桧たち(2年目)です。
ザルで培養中です。ザルの利点は根が増えること。
空気中にむき出しになった根は成長が止まるため、土の中の根が新たに生え始めるのです。
根を真っ直ぐ伸ばす。

ザルから飛び出て伸ばせなくなる。

土の中の部分から分岐して新たな根を真っ直ぐ伸ばす。

はい、ループです。
黒松などで有名な培養法ですね、根が多いと枝も増えると言われていて、根の成長は盆栽にとって大事な部分になりますね。


f:id:yasu84:20160714200053j:plain

陶芸作品3種類並べてみました。
左からショット風ぐい呑み、自作鉢、自作鉢。
これ、共通点有るんですよ。

そういえば前回まで紹介していた黒、赤の重ね掛けは自作鉢やらミニ花瓶やら、なんか壺やらに良く使っています、他にも嵌まっているのが上の写真の一番右の青白いものなんです。

実は、通っている陶芸教室は秋ごろに生徒みんなの強制展示があるんです、始めたばかりでも出さなければならないのです。
アタシは夏から始めてたので、ある程度納得の物を出せました。
f:id:yasu84:20160714202621j:plain
こんな感じで、新人賞も頂けたので嬉しかったですね。

そいで、先程の共通点なんですが。
全部同じ釉薬なんです。違いは素地。
粘土の違いだけで、発色がこんなにも違うんです。
左から赤土、白土、黒土
これ、釉薬のパターンに更に素地の組み合わせが重なって半端じゃないほどのテストが必要になってきますよね。
まぁ、一生の趣味としては十分ですね。

陶芸オススメです。
埼玉県、上尾市ホーマックで陶芸教室やってますよ。先生も若くて感じのいい方なので、近くの方は体験でも参加してみたらいかがでせうか。

ではまた。